海外オークション ①

 

この相談は現在海外在住の日本人から受けたものでした。

 

海外オークションというと「言葉の理解、手続きの難しさ、問題が起きた時の対処法」などを考えると、みなさん敬遠しがちだと思います。。。

今回のオークショントラブル、海外在住の方が、滞在先の国内オークションサイトにUSED商品を出品したことから始まりました。。。

日本国内のオークションサイトでもそうですが、WEBオークションの場合、現品をみないまま落札となるケースが多いため、、、

落札者は商品が届いてみたら

 

「思っていたより・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

なんてことがよくあると思いますが、今回のトラブルはUSED商品で海外ということもあり、更に問題が発展してしまいました。。。

どういうことかというと、、、

 

まず、登場人物から

①出品者(海外在住)

②オークションサイト運営側(海外)

③オークション仲介業者(国内・海外)

④落札者(国内)
商品の物理的な流れは①→④とダイレクトになりますが、落札金の流れは④→③→②→①となります。。。

で、本題に入りますが、

①(依頼者)さんが②に外国語表記で「ノークレーム・ノーリターン」「USEDに理解のない方は入札しないで・・・」などと明記して出品したら④(落札者)はこれを理解したのかしないのか?

 

落札して後日商品を受け取ると「傷や機能に問題がある・・・」と③(オークション仲介業者)にクレーム返品の意思を伝えました。。。

 

①(依頼者)は③(オークション仲介業者)が受けたクレームを②(オークションサイト運営側)を通して聞き、何度か話し合いを重ねた結果、仕方なく返品に応じる意思を一旦見せました。。。

この時点での落札金の行方は④→③→②→①と返金されました。。。

④(落札者)は返金を受けて返品手続きをしたのですが、この際に落札金額を記入したため、①は返品された品物を受け取るために記入された落札金額に応じた関税の請求がきたのです。。。

①はお金を払ってまで返品を受けるつもりは無く受け取り拒否しました。。。

 

その結果、商品は④の元へ・・・・・・。

 

必然的に既に返金を受けている④は商品を「無料でゲット!!!」となりました。。。。。。

 

さすがに、この状況に不満を抱いた依頼者がオークション運営と仲介業者に対して異議を唱えたのですが「すでに処理済みの話」として取り合ってもらえず・・・・・。落札者に直接メールを送っても返信が無く →→→「リアライズ」 に相談となったのです。。。

だいたいのいきさつが解ったところで、私は頭の整理をしようと考えはじめたのですが・・・。
この問題を解決に導くには・・・・・・・・・・・・・・。
法廷係争に発展する場合、どちらのお国で・・・?
う~ん・・・「短期的に外国語が堪能で外国の法律に詳しい方大募集~!!」と叫びたくなるような今度の案件!

 

果たして無事解決ができるのでしょうか・・・。

 

海外オークション②へ続きます。

 

 

当事務所では差別的な調査・違法な調査は一切行っておりません。