12月浮気調査キャンペーン!!

持っていますか?敏感力!!

 

皆さん、こんにちは!

11月・12月浮気調査キャンペーン!!は読んで頂けたでしょうか?

まだ読まれていない方は浮気調査について、様々な情報を掲載していますので是非ご確認下さい。

 

さて、前回のお知らせを読んだ方の中で「自分には関係ない」と感じた方、特に男性の方は注意が必要かもしれません。

 

 

男性は女性の浮気に気づけない!?

 

 

男性ご相談者の中に「妻の浮気を全く疑ったことがなかったが、離婚を切り出されて気づいた」など夫婦関係が完全に冷めてしまってから来られる方が多いんです。

別れを目前にしてから「あの時、帰りが遅かったのは、、」「そういえば、あの頃から言動が変わった、、」と裏切られた事に気付いても手遅れだったりします。

それは、自分の配偶者や恋人に限ってという思い込みが男性の方が強いからとも言われています。

 

 

男性よりも女性の方が浮気をしている!

 

 

以前までは女性一辺倒だった浮気調査の依頼も、今では男女比が同等にまで近づいてます。

日本の浮気率に関する国が行った公式なデータは存在していませんが、民間の調査会社やインターネット調査、または各メディアなどが行ったアンケート調査によって、男女の浮気率に関する様々なデータが存在しています。

その中に、

 Q:これまで浮気・不倫をしたことありますか?

A:【女性】はい 44%    A:【男性】はい 40%

※モデルプレス調べ(渋谷、原宿で男女各100人に街頭調査)

 

このように浮気や不倫の経験者が男性よりも女性の方が多いというデータもあります。

これには、結婚・出産後も働きに出る女性が増え、女性の経済的自立が進んだことによって、家の外で男性と出会う機会が増えたことからきていると考えられます。

 

このようなデータがあっても男性は実際に配偶者や恋人の浮気に気づくことは難しいです。気付かないうちに事態は悪化し最悪な結末を迎えるケースもあります。

 

 

浮気調査後のトラブル例

 

 

A氏は、突然、妻に別れを切り出され、はじめて浮気を疑い調査の依頼に現れた。調査の結果、妻が浮気をしていたことが判明した。

A氏はその事実を知り、妻と浮気をしていた相手男性と直接トラブルに発展!

 

A氏の場合、妻の些細な変化に気付くことが出来なかったからこそショックが大きく、感情を抑えることが出来なくなったのです!

 

 

トラブルを引き起こさない為にも

 

 

このように、裏切られていた事を知り、感情的になってしまうと冷静な判断ができなくなる。これは男女問わず起こり得ることです。 配偶者や恋人などの些細な変化に早く気付くことが肝心です!

浮気しているかもしれない。浮気していないと思うけど不安を感じた方へ

 1人で悩んでいても何も解決しません!

 疑いが晴れれば安心に!疑いの通りであっても早期に対策を打てることが心の傷を深く刻まないで済むことに繋がります!

 

何か疑念を感じたら些細なことでも是非一度ご相談下さい。

 

キャンペーンの詳細

 

 

料金
ご契約の際にお見積り総額から10%OFF(ご相談・お見積りは無料です。)

※ご依頼者様が杉並区・中野区にご在住の場合には更に10%OFFさせていただきます。

 

期間

平成30年11月1日〜12月31日

(期間内にお見積り・ご契約を申し込まれた方は調査実施日が期間外であっても全て対象となります。)

 

 

お問合せ

 

 

当事務所では差別的な調査・違法な調査は一切行っておりません。